(終了棋戦)

(達人戦)・最強戦 │ 早指し選手権・早指し新鋭戦・天王戦・日本将棋連盟杯 │ 若獅子戦・名将戦
最強者決定戦・日本一杯争奪戦・九八七段戦・名棋戦・古豪新鋭戦・六五四段戦 │ 東京新聞社杯・早指し王位戦・産経杯
リンク

達人戦(週刊朝日〜非公式戦)・最強戦(大和証券)

「回数」クリックで詳細表示

達人戦(非公式戦) 191局
年度決勝先手決勝後手ベスト4備考
222014森内俊之高橋道雄森内俊之>高橋道雄>谷川浩司・羽生善治
212013谷川浩司 (5)羽生善治谷川浩司>羽生善治>森内俊之・加藤一二三出場6人
202012羽生善治 (2)森内俊之羽生善治>森内俊之>谷川浩司・加藤一二三
192011佐藤康光羽生善治羽生善治>佐藤康光>青野照市・高橋道雄
182010佐藤康光谷川浩司佐藤康光>谷川浩司>加藤一二三・塚田泰明
172009南 芳一塚田泰明南 芳一>塚田泰明>内藤國雄・桐山清澄
162008青野照市島  朗島  朗>青野照市>中原 誠・谷川浩司
152007加藤一二三谷川浩司 (4)谷川浩司>加藤一二三>中原 誠・高橋道雄
142006谷川浩司 (3)加藤一二三谷川浩司>加藤一二三>高橋道雄・中村 修
132005谷川浩司 (2)中原 誠谷川浩司>中原 誠>青野照市・高橋道雄
122004谷川浩司中原 誠谷川浩司>中原 誠>高橋道雄・桐山清澄
112003米長邦雄青野照市 (2)青野照市>米長邦雄>高橋道雄・桐山清澄
102002高橋道雄中原 誠 (4)中原 誠>高橋道雄>青野照市・米長邦雄
2001高橋道雄中原 誠 (3)中原 誠>高橋道雄>青野照市・米長邦雄
2000有吉道夫青野照市青野照市>有吉道夫>米長邦雄・内藤國雄
1999内藤國雄米長邦雄内藤國雄>米長邦雄>中原 誠・青野照市
1998加藤一二三米長邦雄 (4)米長邦雄>加藤一二三>中原 誠・森 雞二出場10人
1997中原 誠 (2)加藤一二三中原 誠>加藤一二三>森 雞二・米長邦雄
1996田丸 昇米長邦雄 (3)米長邦雄>田丸 昇>森 雞二・内藤國雄
1995有吉道夫中原 誠中原 誠>有吉道夫>桐山清澄・淡路仁茂出場12人
1994米長邦雄 (2)内藤國雄米長邦雄>内藤國雄>西村一義・大内延介
1993米長邦雄内藤國雄米長邦雄>内藤國雄>大内延介・加藤一二三出場8人
最強戦 92局
年度決勝先手決勝後手本戦ベスト4備考
2012佐藤康光郷田真隆佐藤康光>郷田真隆>豊島将之・羽生善治
2011村山慈明菅井竜也菅井竜也>村山慈明>屋敷伸之・久保利明出場資格変更
2010森内俊之久保利明久保利明>森内俊之>佐藤康光・山崎隆之
2009木村一基山崎隆之山崎隆之>木村一基>久保利明・森内俊之
2008鈴木大介渡辺 明渡辺 明>鈴木大介>郷田真隆・丸山忠久
2007丸山忠久郷田真隆郷田真隆>丸山忠久>三浦弘行・羽生善治出場16人
達人戦(非公式戦)
【参 加】開催年の4月1日時点で、40歳以上の現役棋士から以下の基準で6人を選抜する(第21回より)。
前回優勝者、準優勝者、タイトル保持者、永世称号者、龍王戦1組通算5年以上および順位戦A級通算5年以上在籍者、
タイトル獲得経験者、タイトル挑戦経験者、龍王戦1組ならびに順位戦A級在籍者
【本 戦】トーナメント(6名)、持ち時間各3時間。
【決勝戦】東京有楽町朝日ホールで公開対局。持ち時間は各15分(対局時計)、切れたら1手30秒、1分x10回の考慮時間あり。
最強戦
【参 加】16名(前回ベスト4、タイトル保持者、公式戦優勝者、賞金ランキング上位者)
16名(第5回より前年度年間成績の「対局数」「勝局数」「勝率」の三部門の順位を足して数字の少ない棋士から、八段以上8名、六・七段4名、四・五段4名)
【本 戦】トーナメント(16名)、持ち時間各30分(対局時計)、使い切ると一手30秒
対局方法:大和証券杯ネット将棋公式ホームページ内の対局室にて対局者自身で操作を行なう。
対局場所:対局者の自宅パソコンもしくは日本将棋連盟の指定した対局会場で行なう。
対局時間:持ち時間は、対局時計方式で各30分とする。持ち時間を使い切った後は、一手30秒未満で操作完了しなければならない。
早指し選手権/早指し新鋭戦(テレビ東京)・天王戦/日本将棋連盟杯(新聞十社)

「回数」クリックで詳細表示

早指し選手権 41局
年度決勝先手決勝後手備考
362002羽生善治 (3)藤井 猛
352001屋敷伸之丸山忠久 (2)
342000丸山忠久羽生善治
331999谷川浩司藤井 猛
321998土佐浩司森内俊之
311997郷田真隆羽生善治
301996村山 聖田村康介
291995南 芳一羽生善治 (2)
281994小林健二谷川浩司
271993深浦康市羽生善治
261992脇 謙二羽生善治
251991森内俊之加藤一二三
241990羽生善治加藤一二三 (3)
231989中原 誠南 芳一
221988森 雞二南 芳一
211987森下 卓有吉道夫 (2)
201986田中寅彦中原 誠
191985中原 誠 (3)加藤一二三三番勝負(○○)
181984森安秀光高橋道雄三番勝負(○○)
171983桐山清澄 (2)森安秀光三番勝負(○○)
161982米長邦雄真部一男三番勝負(××)
151981加藤一二三 (2)高島弘光三番勝負(○○)
141980米長邦雄 (4)加藤一二三
131979米長邦雄 (3)森 雞二
121978有吉道夫大山康晴
111977米長邦雄 (2)森 雞二
10加藤一二三真部一男
1976大山康晴 (4)二上達也
桐山清澄関根 茂
1975大内延介大山康晴 (3)
中原 誠松田茂行
1974米長邦雄高島弘光
大山康晴 (2)二上達也
1973大山康晴中原 誠 (2)
大山康晴有吉道夫
1972大山康晴中原 誠
早指し新鋭戦 21局
年度決勝先手決勝後手備考
212002北浜健介山崎隆之
202001深浦康市 (4)行方尚史
192000久保利明深浦康市 (3)
181999北浜健介深浦康市 (2)
171998野月浩貴久保利明
161997鈴木大介藤井 猛
151996阿部 隆鈴木大介
141995丸山忠久行方尚史
131994畠山成幸丸山忠久
121993深浦康市豊川孝弘
111992佐藤康光小林 宏
101991佐藤康光 (2)森下 卓
1990森内俊之佐藤康光
1989森内俊之 (2)羽生善治
1988森内俊之羽生善治
1987塚田泰明 (2)森下 卓
1986小野修一森下 卓
1985島  朗脇 謙二 (2)
1984脇 謙二神谷広志
1983高橋道雄塚田泰明
1982田中寅彦小林健二
天王戦 8局
年度決勝先手決勝後手備考
1992高橋道雄 (2)塚田泰明
1991谷川浩司 (2)村山 聖
1990森下 卓阿部 隆
1989谷川浩司中原 誠
1988森下 卓羽生善治 (2)
1987羽生善治森下 卓
1986加藤一二三高橋道雄
1985加藤一二三塚田泰明
日本将棋連盟杯争奪戦 17局
年度決勝先手決勝後手備考
171984宮田利男田中寅彦
161983田中寅彦米長邦雄 (2)
151982森安秀光米長邦雄
141981勝浦 修森安秀光
131980大内延介 (2)桐山清澄
121979米長邦雄大山康晴 (4)
111978内藤國雄大山康晴 (3)
101977板谷 進大山康晴
1976二上達也大山康晴
1975大内延介大山康晴 (2)
1974大内延介内藤國雄
1973大内延介内藤國雄 (2)
1972桐山清澄大山康晴
1971大内延介内藤國雄
1970花村元司中原 誠
1969米長邦雄加藤博二
1968米長邦雄山田道美
早指し選手権・早指し新鋭戦について
若獅子戦(近代将棋)・名将戦(週刊文春)

「回数」クリックで詳細表示

若獅子戦 15局
年度決勝先手決勝後手備考
141990先崎 学村山 聖
131989村山 聖佐藤康光
121988村山 聖羽生善治 (2)
111987佐藤康光中川大輔
101986羽生善治井上慶太
1985島  朗井上慶太
1984堀口弘治有森浩三
1983脇 謙二神谷広志
1982島  朗南 芳一 (2)
1981中村 修南 芳一
1980大島映二児玉孝一
1979田中寅彦福崎文吾
1978谷川浩司前田祐司
1977宮田利男小林健二
名将戦 36局
年度上位棋士下位棋士備考
141987桐山清澄米長邦雄
131986米長邦雄 (4)桐山清澄
121985米長邦雄 (3)×谷川浩司
111984加藤一二三××内藤國雄 (3)
101983中原 誠××内藤國雄 (2)
1982加藤一二三×米長邦雄
1981米長邦雄 (2)×谷川浩司
1980米長邦雄大内延介
1979大山康晴有吉道夫
1978石田和雄××森安秀光
1977内藤國雄×米長邦雄
1976大山康晴××有吉道夫
1975中原 誠 (2)×大山康晴
1974中原 誠大山康晴
最強者決定戦/日本一杯/九八七段戦/名棋戦/古豪新鋭戦/六五四段戦(共同通信)

「回数」クリックで詳細表示

最強者決定戦
年度上位棋士下位棋士備考
131973原田泰夫花村元司
121972原田泰夫××有吉道夫 (2)
111971中原 誠米長邦雄
101970内藤國雄 (3)中原 誠
1969有吉道夫大友 昇
1968山田道美 (3)×関根 茂
1967山田道美 (2)有吉道夫
1966山田道美××内藤國雄 (2)
1965加藤一二三××山田道美
1964内藤國雄×佐藤大五郎
1963丸田祐三××広津久雄
1962灘 蓮照×二上達也
1961二上達也×関根 茂
日本一杯争奪戦
年度上位棋士下位棋士備考
1960丸田祐三××加藤一二三 (2)
1959丸田祐三××灘 蓮照
1958五十嵐豊一××加藤一二三
1957広津久雄××下平幸男
九八七段戦
年度上位棋士下位棋士備考
1956塚田正夫××升田幸三
1955大野源一原田泰夫
1954丸田祐三松田茂行
名棋戦 7局
年度決勝先手決勝後手備考
1980北村昌男福崎文吾
1979谷川浩司青野照市
1978西村一義青野照市
1977佐藤大五郎佐藤義則
1976青野照市若松政和
1975石田和雄橋本三治
1974加藤博二田中正之
古豪新鋭戦
年度決勝先手決勝後手備考
171973伊藤 果森安秀光 (2)
161972森安正幸森安秀光
151971菊地常夫松田幹雄三番勝負(×○○)
141970安恵照剛大村和久
131969北村秀治郎関屋喜代作
121968桐山清澄山口英夫
111967相馬清司中原 誠
101966北村秀治郎桜井 昇
1965賀集正三木村嘉孝
1964木下 晃米長邦雄
1963佐伯昌優大原英二
1962大内延介 (2)高島弘光
1961大内延介北村文男
1960二見敬三木村嘉孝
1959藤川義夫木村嘉孝三段が参加
1958北村文男関屋喜代作
1957佐藤庄平山中和正
六五四段戦
年度決勝先手決勝後手備考
1956神田鎮雄宮坂幸雄
1955佐藤庄平加藤一二三

最強者決定戦・日本一杯争奪戦・九八七段戦は順位戦B級1組以上、古豪新鋭戦・六五四段戦はB級2組以下の棋士(および三段)が参加。
1974年からそれぞれ棋王戦(タイトル戦)、名棋戦(棋王戦の予選を兼ねる)となる。

東京新聞社杯(高松宮賞)・早指し王位戦/産経杯(産経新聞)

「回数」クリックで詳細表示

東京新聞社杯高松宮賞争奪将棋選手権
年度上位棋士下位棋士高松宮賞備考
111966加藤一二三××有吉道夫加藤一二三
101965山田道美×北村昌男北村昌男
1964花村元司××加藤一二三 (2)花村元司
1963大野源一加藤博二加藤博二
1962塚田正夫××二上達也大友 昇
1961大山康晴 (2)小堀清一有吉道夫
1960大山康晴加藤博二長谷部久雄
1959原田泰夫芹沢博文芹沢博文
1958丸田祐三 (2)関根 茂関根 茂
1957大山康晴××丸田祐三梶 一郎
1956北村昌男××加藤一二三下平幸男
早指し王位決定戦 16局
年度早指し王位挑戦者備考
1959灘 蓮照××加藤一二三
1958大山康晴××灘 蓮照
1957大山康晴 (4)大友 昇
1956大山康晴 (3)×花村元司
1955大山康晴 (2)大野源一
1954大山康晴×花村元司
産経杯争奪トーナメント
年度優勝準優勝備考
1953大山康晴大野源一詳細不明
1952本間爽悦-
1951坂口允彦-

日本将棋連盟・終了棋戦一覧 |  日本将棋連盟・達人戦 |  富士通杯・達人戦 |  達人戦中継 |  Wikipedia 富士通杯達人戦 |  日本将棋連盟・最強戦
大和証券杯ネット将棋 |  Wikipedia 最強戦 |  Wikipedia 早指し将棋選手権・早指し新鋭戦 |  Wikipedia 天王戦 |  Wikipedia 若獅子戦 |  Wikipedia 名将戦
Wikipedia 最強者決定戦(日本一杯争奪戦・九八七段戦) |  Wikipedia 名棋戦(古豪新鋭戦・六五四段) |  Wikipedia 東京新聞社杯 |  Wikipedia 早指し王位決定戦(産経杯)

ページ先頭へ