NHK杯(非タイトル)

優勝 女流棋士 67局
回数クリックで詳細が開きます。

NHK杯
年度決勝先手決勝後手本戦ベスト4備考DL
662016佐藤康光 (3)佐藤和俊佐藤康光>佐藤和俊>佐藤天彦・橋本崇載


295
652015村山慈明千田翔太村山慈明>千田翔太>広瀬章人・久保利明
642014行方尚史森内俊之 (3)森内俊之>行方尚史>深浦康市・橋本崇載
632013丸山忠久郷田真隆郷田真隆>丸山忠久>西川和宏・大石直嗣
622012渡辺 明羽生善治渡辺 明>羽生善治>鈴木大介・郷田真隆
612011羽生善治 (10)渡辺 明羽生善治>渡辺 明>畠山 鎮・久保利明本戦50名・女流枠1 羽生善治名誉NHK杯
年度決勝先手決勝後手本戦ベスト4備考DL
602010羽生善治 (9)糸谷哲郎羽生善治>糸谷哲郎>渡辺 明・丸山忠久本戦51名・女流枠2


967
592009糸谷哲郎羽生善治 (8)羽生善治>糸谷哲郎>丸山忠久・渡辺 明
582008森内俊之羽生善治 (7)羽生善治>森内俊之>久保利明・佐藤康光
572007佐藤康光 (2)鈴木大介佐藤康光>鈴木大介>長沼 洋・渡辺 明
562006佐藤康光森内俊之佐藤康光>森内俊之>野月浩貴・窪田義行
552005渡辺 明丸山忠久丸山忠久>渡辺 明>羽生善治・三浦弘行
542004羽生善治山崎隆之山崎隆之>羽生善治>郷田真隆・森内俊之
532003羽生善治久保利明久保利明>羽生善治>谷川浩司・丸山忠久
522002三浦弘行先崎 学三浦弘行>先崎 学>丸山忠久・谷川浩司
512001佐藤康光森内俊之 (2)森内俊之>佐藤康光>羽生善治・藤井 猛
502000久保利明羽生善治 (6)羽生善治>久保利明>森下 卓・森内俊之
491999郷田真隆鈴木大介鈴木大介>郷田真隆>加藤一二三・森下 卓
481998堀口一史座羽生善治 (5)羽生善治>堀口一史座>久保利明・杉本昌隆
471997羽生善治 (4)村山 聖羽生善治>村山 聖>中原 誠・島  朗
461996森内俊之屋敷伸之森内俊之>屋敷伸之>丸山忠久・島  朗
451995中川大輔羽生善治 (3)羽生善治>中川大輔>深浦康市・行方尚史
441994米長邦雄中原 誠 (6)中原 誠>米長邦雄>佐藤康光・羽生善治
431993佐藤康光加藤一二三 (7)加藤一二三>佐藤康光>南 芳一・森内俊之女流棋士参加
421992島  朗中原 誠 (5)中原 誠>島  朗>加藤一二三・谷川浩司
411991塚田泰明羽生善治 (2)羽生善治>塚田泰明>丸山忠久・高橋道雄
年度決勝先手決勝後手本戦ベスト4備考DL
401990先崎 学南 芳一先崎 学>南 芳一>羽生善治・谷川浩司


394
391989島  朗櫛田陽一櫛田陽一>島  朗>中原 誠・森下 卓
381988羽生善治中原 誠羽生善治>中原 誠>谷川浩司・内藤國雄
371987中村 修中原 誠 (4)中原 誠>中村 修>福崎文吾・高橋道雄
361986森 雞二前田祐司前田祐司>森 雞二>中原 誠・淡路仁茂
351985内藤國雄谷川浩司谷川浩司>内藤國雄>西村一義・佐伯昌優
341984加藤一二三田中寅彦田中寅彦>加藤一二三>内藤國雄・淡路仁茂
331983大山康晴 (8)加藤一二三大山康晴>加藤一二三>大内延介・米長邦雄
321982青野照市中原 誠 (3)中原 誠>青野照市>谷川浩司・桐山清澄
311981加藤一二三 (6)伊藤 果加藤一二三>伊藤 果>木下 晃・桜井 昇本戦50人・予選制導入
301980有吉道夫中原 誠有吉道夫>中原 誠>石田和雄・森安秀光
291979大山康晴 (7)森 雞二大山康晴>森 雞二>勝浦 修・有吉道夫
281978真部一男米長邦雄米長邦雄>真部一男>加藤一二三・芹沢博文
271977加藤一二三中原 誠 (2)中原 誠>加藤一二三>米長邦雄・大内延介出場26人
261976米長邦雄加藤一二三 (5)加藤一二三>米長邦雄>桐山清澄・板谷 進
251975二上達也大内延介大内延介>二上達也>森 雞二・中原 誠
241974内藤國雄中原 誠中原 誠>内藤國雄>大山康晴・加藤一二三
231973内藤國雄加藤一二三 (4)加藤一二三>内藤國雄>丸田祐三・二上達也
221972大山康晴 (6)米長邦雄大山康晴>米長邦雄>佐藤大五郎・加藤一二三
211971大内延介加藤一二三 (3)加藤一二三>大内延介>大山康晴・米長邦雄
年度決勝先手決勝後手ベスト4備考DL
201970中原 誠大山康晴 (5)大山康晴>中原 誠>加藤博二・升田幸三
139
191969関根 茂内藤國雄内藤國雄>関根 茂>芹沢博文・花村元司
181968山田道美丸田祐三 (3)丸田祐三>山田道美>加藤博二・升田幸三
171967二上達也大友 昇大友 昇>二上達也>加藤一二三・有吉道夫
161966二上達也加藤一二三 (2)加藤一二三>二上達也>山田道美・灘 蓮照出場16人
151965升田幸三丸田祐三 (2)丸田祐三>升田幸三>山田道美・塚田正夫
141964塚田正夫大山康晴 (4)大山康晴>塚田正夫>丸田祐三・二上達也
131963加藤一二三升田幸三 (3)升田幸三>加藤一二三>丸田祐三・灘 蓮照
121962灘 蓮照 (2)升田幸三灘 蓮照>升田幸三>大山康晴・二上達也テレビ放送
111961加藤博二大山康晴 (3)大山康晴>加藤博二>二上達也・花村元司
101960加藤一二三大山康晴加藤一二三>大山康晴>塚田正夫・灘 蓮照
1959丸田祐三大野源一丸田祐三>大野源一>大山康晴・塚田正夫
1958灘 蓮照大山康晴灘 蓮照>大山康晴>丸田祐三・二上達也
1957灘 蓮照升田幸三 (2)升田幸三>灘 蓮照>花村元司・大山康晴
1956原田泰夫灘 蓮照原田泰夫>灘 蓮照>花村元司・大山康晴
1955灘 蓮照大山康晴 (2)大山康晴>灘 蓮照>大野源一・塚田正夫
1954塚田正夫大山康晴大山康晴>塚田正夫>花村元司・松田茂行
1953花村元司塚田正夫塚田正夫>花村元司>小堀清一・松田茂行
1952升田幸三丸田祐三升田幸三>丸田祐三>原田泰夫・大山康晴
1951升田幸三木村義雄木村義雄>升田幸三>丸田祐三・塚田正夫ラジオ放送、出場8人
NHK杯(主催:日本放送協会)について
歴史

日本放送協会主催。正式名称は「NHK杯テレビ将棋トーナメント」。1951年にラジオ放送で開始、1962年第12回からテレビ放送となる。

システム
NHK杯システム(第61期より)
参 加全棋士および女流棋士1名。
予 選18枠トーナメント、持ち時間各20分(対局時計)、切れたら一手30秒。別途女流棋士枠として1名が本戦進出。
本 選50名によるトーナメント。持ち時間各10分(対局時計)、切れたら一手30秒、1分x10回の考慮時間がある。日曜日NHK教育テレビで放送される。
本戦シード(31名)は前回ベスト4、タイトル保持者、順位戦A級、永世称号者、永世称号資格保持者、順位戦B級1組、前年度公式戦優勝者、成績優秀選抜者。このうち上位14名が2回戦シード。
これに女流棋士および予選通過者(18名)が加わる。
名誉NHK杯通算10回の優勝で名誉NHK杯の称号が贈られる。該当棋士は(羽生善治)。
リンク

日本将棋連盟・NHK杯 |  NHK 囲碁と将棋 |  Wikipedia NHK杯

ページ先頭へ