加古川青流戦(非タイトル)

優勝 上位棋士の ○勝ち ×負け 持将棋・千日手 女流 奨励会員 アマ 「期数」クリックで詳細表示  29局

加古川青流戦
年度上位棋士下位棋士準決勝以上トーナメント備考
112021服部慎一郎2-1井田明宏×服部慎一郎>井田明宏>高田明浩・冨田誠也2/40>2+21+2アマ大会中止
102020武漢ウィルス流行のため中止2/40>2+20+2開催中止
2019池永天志2-1服部慎一郎×池永天志>服部慎一郎>高野智史・井出隼平2/40>2+18+3
2018梶浦宏孝0-2大橋貴洸××大橋貴洸>梶浦宏孝>杉本和陽・西田拓也2/40>2+20+3
2017井出隼平1-2西田拓也××西田拓也>井出隼平>荒田敏史長谷部浩平2/40>2+18+3
2016井出隼平2-1石川優太×井出隼平>石川優太>渡辺大夢・谷合廣紀2/40>2+16+4
2015増田康宏1-2稲葉 聡××稲葉 聡>増田康宏>甲斐日向黒田堯之2/44>2+23+3アマ初優勝
2014藤森哲也0-2石田直裕××石田直裕>藤森哲也>石川 泰西田拓也2/44>2+21+3
2013佐々木勇気2-1千田翔太×佐々木勇気>千田翔太>都成竜馬・高見泰地2/44>2+22+3
2012永瀬拓矢2-0伊藤真吾永瀬拓矢>伊藤真吾>及川拓馬・宮本広志2/44>2+22+2
2011船江恒平2-1宮本広志×船江恒平>宮本広志石井健太郎・佐々木勇気2/44>2+20+2

加古川青流戦について

(主催:加古川市、(財)加古川市ウェルネス協会)

歴史

2011年創設。

システム
加古川青流戦システム
参 加四段の棋士、奨励会三段位、選考委員会で推薦選出する女流棋士2名、 アマチュア3名(アマ青流戦のブロック優勝者2名+兵庫県アマ名人)。
本 戦準決勝までは一番勝負トーナメント、決勝は三番勝負。持ち時間は各1時間(対局時計、使い切ると一手1分)。

加古川青流戦中継サイト │  日本将棋連盟・加古川青流戦 │  Wikipedia 加古川青流戦

ページ先頭へ