叡王戦

叡王・上位棋士の ○勝ち ×負け △持将棋 千日手 叡王挑戦 挑決 女流 アマ 「期数」クリックで詳細表示 ○×△クリックで棋譜再生  23局

叡王戦
年度叡王挑戦者本戦ベスト4本戦予選備考DL
2020永瀬拓矢324豊島将之××××豊島将之渡辺 明>佐々木大地・青嶋未来1/2416/158>1+1開幕延期(
本戦
93局
2019高見泰地0-4永瀬拓矢××××永瀬拓矢菅井竜也>郷田真隆・渡辺 明1/2416/156>1+1
2018金井恒太0-4高見泰地××××金井恒太高見泰地>行方尚史・丸山忠久2/1615/161>1+1トーナメントによる
叡王戦(非タイトル)電王戦 4局
年度上位棋士下位棋士本戦ベスト4本戦予選叡王ソフト
2016佐藤天彦2-0千田翔太佐藤天彦・千田翔太>羽生善治・豊島将之2/1615/157佐藤天彦××Ponanza
2015郷田真隆0-2山崎隆之××郷田真隆・山崎隆之>行方尚史・村山慈明2/1616/154山崎隆之××Ponanza
叡王戦について

(主催:(株)不二家)

歴史

ドワンゴ主催で2015年創設()。 2017年度、第3期に公式タイトル戦となる()。 第6期(2021年度)より不二家が主催()。

システム(第6期より)
叡王戦システム(第6期より)
参 加全棋士。
段位別予選段位別に予選トーナメントを実施。本戦出場枠は計12。持ち時間は各1時間(対局時計)+秒読み1分。
本 戦予選勝抜き者およびシード棋士4名の計16名によるトーナメント。シードは前期本戦準決勝進出者。持ち時間は各3時間(対局時計)+秒読み1分。
挑戦手合五番勝負。一日指切り制。持ち時間は各4時間(対局時計)+秒読み1分。
永世叡王未制定。
システム(第4期〜第5期)
叡王戦システム(第4期〜第5期)
参 加全棋士および女流棋士とアマ各1名。
段位別予選段位別に予選トーナメントを実施。本戦出場枠は四段(アマ+女流)1、五段2、六段〜八段各3、九段4の計16。持ち時間は各1時間(対局時計)+秒読み1分。
本 戦予選勝抜き者およびシード棋士8名の計24名によるトーナメント。シードは前期本戦準決勝進出者、タイトル保持者(序列順)、全棋士参加棋戦優勝者、叡王戦成績上位者。
持ち時間は各3時間(対局時計)+秒読み1分。決勝挑戦者決定戦は三番勝負。
挑戦手合4〜6月にかけて行われる。七番勝負。一日指切り制。
持ち時間は各1、3、5または6時間(対局時計)+秒読み1分。第1〜2局は第1局の先手番が1、3または5時間から選択。第3〜4局は第1局の後手番が第1〜2局で選ばれなかったものから選択。第5〜6局はまだ選ばれていない持ち時間、第7局は各6時間。持ち時間1時間の場合は同一日に2局対局する。
リンク

叡王戦中継サイト |  叡王戦(不二家) |  叡王戦(ドワンゴ) |  日本将棋連盟・叡王戦 |  日本将棋連盟・叡王戦の仕組みや特徴 |  Wikipedia 叡王戦

ページ先頭へ