第3期(1948年度)C級順位戦

≪前期  トップ  名人戦  昇降級一覧  C級1組順位戦  次期≫

第3期順位戦】  (第8期)名人戦・A級  B級  C級1組  C級2組


【第3期(1948年度)C級順位戦】[2/21-0]
昇級4名(▲昇級) 段位は 1948/04/01 現在
┌────────┬────┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│   棋    │ 勝  │加│山│市│富│広│山│星│荒│南│北│
│   士    │  敗 │藤│本│川│沢│津│中│田│巻│口│村│
├────────┼────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│▲加藤 博二六段│6勝3敗│─│○│○│×│○│○│×│○│×│○│七段昇段
│ 山中 和正六段│4勝5敗│×│×│○│○│○│─│×│×│×│○│
│ 市川 一郎六段│4勝5敗│×│×│─│○│○│×│×│×│○│○│
│▲山本 武雄六段│6勝3敗│×│─│○│○│○│○│○│×│×│○│七段昇段
│ 北村秀治郎六段│1勝7敗│×│×│×│─│○│×│×│×│×│─│
│ 富沢 伝助六段│4勝4敗│○│×│×│─│○│×│○│×│○│─│
│ 星田 啓三六段│5勝4敗│○│×│○│×│○│○│─│×│×│○│
│ 広津 久雄六段│1勝8敗│×│×│×│×│─│×│×│×│○│×│
│▲荒巻 三之六段│7勝2敗│×│○│○│○│○│○│○│─│×│○│七段昇段
│▲南口 繁一五段│6勝3敗│○│○│×│×│×│○│○│○│─│○│七段昇段
└────────┴────┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

■予選(△決勝リーグ進出)
C級1組第1組           C級1組第2組           C級1組第3組           C級1組第4組
┌────────┬──────┐ ┌────────┬──────┐ ┌────────┬──────┐ ┌────────┬──────┐
│   棋士   │  勝敗  │ │   棋士   │  勝敗  │ │   棋士   │  勝敗  │ │   棋士   │  勝敗  │
├────────┼──────┤ ├────────┼──────┤ ├────────┼──────┤ ├────────┼──────┤
│△加藤 博二六段│4勝0敗  │ │ 灘  照一六段│2勝3敗  │ │△市川 一郎六段│3勝1敗  │ │△山中 和正六段│4勝0敗  │
│△山本 武雄六段│2勝2敗  │ │ 本間 一雄六段│1勝4敗  │ │ 花村 元司六段│2勝2敗  │ │ 畝 美与吉六段│1勝3敗  │
│ 奥野 基芳六段│1勝3敗  │ │△北村秀治郎六段│4勝1敗  │ │ 飯塚勘一郎七段│1勝3敗  │ │ 岡崎 史明六段│2勝2敗  │
│ 間宮 純一六段│1勝3敗  │ │△広津 久雄六段│4勝1敗1持│ │△富沢 伝助六段│3勝1敗  │ │△星田 啓三六段│3勝1敗  │
│ 加藤 恵三六段│2勝2敗  │ │ 藤川 義夫六段│1勝4敗  │ │ 橋爪敏太郎六段│1勝3敗  │ │ 野村 慶虎六段│0勝4敗  │
└────────┴──────┘ │ 藤内 金吾六段│3勝2敗1持│ └────────┴──────┘ └────────┴──────┘
山本、加藤恵の同率決戦による。   └────────┴──────┘

C級2組第1組           C級2組第2組           C級2組第3組
┌────────┬──────┐ ┌────────┬──────┐ ┌────────┬──────┐
│   棋士   │  勝敗  │ │   棋士   │  勝敗  │ │   棋士   │  勝敗  │
├────────┼──────┤ ├────────┼──────┤ ├────────┼──────┤
│△荒巻 三之六段│3勝0敗  │ │△南口 繁一五段│3勝1敗  │ │ 志沢 春吉五段│0勝3敗  │志沢春吉五段は今期で引退。
│ 吉田 六彦五段│0勝3敗  │ │ 角田 三男五段│2勝2敗  │ │ 平野 広吉五段│1勝1敗  │
│ 佐藤  豊四段│2勝1敗  │ │ 二見 敬三四段│2勝2敗  │ │ 鈴木 禎一五段│1勝1敗  │
│ 木川 貴一四段│1勝2敗  │ │ 西本  馨四段│3勝1敗  │ │ 下平 幸男四段│3勝0敗  │六段昇段
└────────┴──────┘ │ 三好 幸男アマ│0勝4敗  │ └────────┴──────┘
                  └────────┴──────┘
                  南口、西本の同率決戦による。

■第3期順位戦の開始に先立ち機構に大改革が加えられた。
(1)A級を10名に増員し(従前8名)、各人1人ずつ総当たり戦。各9局。下位者3名がB級に降級する。
(2)B級を全員を4組に分け一組5名、または6名の総当たり予選をおこない各組から優秀者2名を選抜して決勝リーグ戦をおこないその上位3名がA級に昇級する。
(3)C級もB級と同じ方法でおこない、優秀者4名がB級に昇級する。ただし、C級2組の予選優勝者2名にC級1組予選優勝者の決勝リーグ参加の資格があたえられる。
(4)個人の順位制度はA級のみに限り、B級以下は順位なし。
(5)B級以下は降級なし。

C級2組からC級1組の決勝リーグに選抜される2名は南口五段及び荒巻対下平の勝者と決まり、両者決戦の結果荒巻六段が資格獲得。
なお以上3者は来期C級1組昇級が確定し、決勝リーグ参加の南口、荒巻両名はその成績いかんによってB級に2階級特進の特典があたえられた。

奥野基芳六段は今期限りで引退。