第5期(1945年度)名人戦

≪前期  トップ  名人戦  タイトルの変遷  年度別変遷  次期≫


【第5期(1944-1945年度)名人戦】
第5期の名人戦は 1944 年秋に一部機構を改革した。
機構の改革部分は、挑戦候補者7名の選出を従来の予選方法を一切省略し、ここ数年の対局の総合成績のみで選出された。

第5期名人戦挑戦者決定戦参加棋士
┌───────┐
│  棋 士  │
├───────┤
│花田長太郎八段│
│金子金五郎八段│
│萩原  淳八段│
│坂口 允彦八段│
│塚田 正夫八段│
│大野 源一八段│
│加藤 治郎七段│
└───────┘
対局は数局行われたが戦争激化のため中止となり、第5期名人は木村義雄名人となった。
参考:将棋順位戦データベース(http://www.ne.jp/asahi/yaston/shogi/)