第4期(1943年度)名人戦

≪前期  トップ  名人戦  タイトルの変遷  年度別変遷  次期≫


【第4期(1942-1943年度)名人戦】
第4期名人挑戦者選出方法は次のように改められた。

五段〜七段戦の予選を行い、予選を通過した4名が八段陣12名に加わり16名で半年に1回ずつ計4回トーナメント戦を行う。
優勝者4名は、それぞれ木村名人と平手香落の手合いで三番勝負を行い勝ち越したものが初めてこの期の挑戦者となる。
ただし、該当者2名以上の場合は、改めて決戦を行い挑戦者を決定する。

■第4期名人戦挑戦予備手合(持時間各10時間)
┌──────┬────┬─────┬──┐ ┌──────┬────┬──┬──┬─────┐
│  棋士  │ 勝敗 │  1  │ 2 │ │  棋士  │ 勝敗 │ 1 │ 2 │  3  │
├──────┼────┼──┬──┼──┤ ├──────┼────┼──┼──┼──┬──┤
│木村義雄名人│2勝0敗│上千│上○│ ○│ │木村義雄名人│2勝1敗│上×│ ○│ 千│ ○│
│萩原 淳八段│0勝2敗│下千│下×│先×│ │大野源一八段│1勝2敗│下○│先×│ 千│先×│
└──────┴────┴──┴──┴──┘ └──────┴────┴──┴──┴──┴──┘

┌───────┬────┬──┬──┐ ┌──────┬────┬──┬──┐
│  棋 士  │ 勝敗 │ 1 │ 2 │ │  棋士  │ 勝敗 │ 1 │ 2 │
├───────┼────┼──┼──┤ ├──────┼────┼──┼──┤
│木村 義雄名人│2勝0敗│上○│ ○│ │木村義雄名人│2勝0敗│上○│ ○│
│花田長太郎八段│0勝2敗│下×│先×│ │坂口允彦八段│0勝2敗│下×│先×│
└───────┴────┴──┴──┘ └──────┴────┴──┴──┘

この結果、第4期名人戦は挑戦資格者が現れなかったために自動的に木村名人の4連覇となった。

■第4期名人戦予選参加棋士(★トーナメント優勝)

八段         予選通過
┌────────┐ ┌───────┐
│   棋士   │ │  棋 士  │
├────────┤ ├───────┤
│ 土居市太郎八段│ │ 山本樟郎七段│
│ 金 易二郎八段│ │★大野源一七段│(八段に昇段)
│ 木見金治郎八段│ │ 村上真一七段│
│★花田長太郎八段│ │ 大山康晴五段│
│ 金子金五郎八段│ └───────┘
│ 神田辰之助八段│
│★萩原  淳八段│
│★坂口 允彦八段│
│ 塚田 正夫八段│
│ 渡辺 東一八段│
│ 斎藤銀次郎八段│
│ 小泉 兼吉八段│
└────────┘
参考:将棋順位戦データベース(http://www.ne.jp/asahi/yaston/shogi/)